臍帯動脈が1本と言われた。

普通、臍帯動脈は2本あります。1本の場合を、単一臍帯動脈といいます。他にはなんの病気も合併していない事も多く経験します。胎児の心臓病や、染色体異常のスクリーニングの一つの項目に挙げられています。そのため、胎児頚部の浮腫・NTと同じように、単一臍帯動脈は怖い病気と誤解される事があります。短絡的に胎児の重い病気だとか、染色体異常だと思う事はさけましょう。胎児の心臓病をはじめ、超音波による精査は十分にしてもらってください。胎児に特別な病気がなくても、子宮内発育遅延や、分娩中の循環不全の理由になる場合があります。胎児の発育診断は繰り返し受け、発育遅延があれば、入院管理が必要です。妊娠中や分娩中の胎児心拍数のモニタで異常所見がでれば、緊急帝王切開となります。緊急帝王切開のできる施設、未熟児医療ができる施設での分娩が推奨されます。写真は膀胱の片方だけに見えている単一臍帯動脈です。普通は膀胱の両側に2本見えます。この方は、単一臍帯動脈による循環不全の影響で妊娠初期に胎児頚部の浮腫・NTが観察されました。染色体検査の結果は正常。十分な監視のもと経膣分娩で元気な赤ちゃんが生まれました。