The Fetus as a Patint 生まれてくる赤ちゃんのために

受けてよかった専門医による胎児ドック

超音波指導医・超音波専門医

経歴:大阪大学医学部卒、国立循環器病センター周産期科部長

 

〒560-0021 大阪府豊中市本町6-1-2 195ストリートビル2階

TEL&FAX: 06-6852-6901

195ストリートビル

アクセス・駐車場のご案内

 

阪急宝塚線 豊中駅より徒歩6分の産婦人科です。

妊婦検診、胎児ドック他、妊娠中のお薬の安全性についてのご相談等、

前職の国立循環器病研究センターでの経験とネットワークを活かして、
産婦人科全般の診療、高血圧等の内科的診療、子宮がん検診等行っております。

 

CHIBASANF.COM (千葉産婦人科PCサイト)

 

出生前診断 NIPT 胎児診断

更新日:2019.08.15

〜お知らせ〜

2019年

8月

15日

休診のお知らせ

下記の通り変更および休診させて頂きます。

ご迷惑をおかけ致しますが、ご了承のほど、宜しくお願い申し上げます。

 

令和元年8月22日(木)夕診・23日(金)全日 

           第42回日本母体胎児医学会学術集会のため

     

2019年

3月

27日

当院での胎児ドックの成績

当院は胎児ドック(超音波の精密検査と染色体異常についてのカウンセリング)を専門としています。初めて来られる方はどんな事がわかるのか、どれくらいの方が染色体検査を受けられているのか、不安だと思います。
当院で検査を行いました、無作為に選んだ1,000例のデータを掲載致します。

 

当院の胎児ドックの成績

2018年

10月

30日

The Ultrasound Magazine

キャノンメディカルシステムズさんのThe Ultrasound Magazine

に当院の院長を掲載頂きました。

産婦人科にとって、内科の聴診器以上の存在とも言える超音波断層装置

千葉は40年前、世界で初めて、胎児の血流速度を計測した3人のうちの一人なのです。

胎児の血流速度を測るということは大人の人の血圧を測っていると同じ意味があります。

40年を経て、この新しい超音波断層装置にはSMI(微小血流表示機能)というものが搭載されています。これによって、お腹の中の赤ちゃんの頭の中や腎臓の微小血流、胎盤の微小血流もよくわかるようになります。

かつて、超音波断層装置がなかった頃は胎児が生きているか死んでいるかすらわからなかったのです。それが、現在では妊娠6週での胎児の生存がわかるようになり、胎児の治療まで出来るようになりました。

一人でも多くの赤ちゃんが元気に生まれてきてくれるために、お母さんが安全なお産ができるように、今後ますます医療技術の幅が広がっていく事が期待されますね。リーフレットは当院に置いてありますので、是非ご覧下さい。

 

 

胎児医療のパイオニア。

千葉喜英(ちばよしひで)が診療を担当致します。

超音波胎児スクリーニング(胎児ドック)の内容はこちらへ。

大阪大学、国立循環器病センターで30年の胎児医療の研究と経験をもとに

診察、カウンセリングを行います。

千葉等が開発した胎児治療は、現在一般の保険診療として認可されました。

胎児羊水腔シャント手術。

一般的な婦人科全般の診療や内科診療も豊かな経験と知識をもって対応致します。

豊中市の子宮がん・子宮体がんの検診、
子宮頸癌ワクチン、風疹麻疹混合ワクチンも行っています。

 

分娩・手術・入院は診療提携病院を利用します(オープンシステム)。

提携先病院:

矢吹産婦人科少路クリニック 

 当院で妊婦管理を受けられている患者様でご希望の方はこちらの病院でお産頂けます。お産も千葉が立ち会い致します。

大阪病院

市立豊中病院 こちらで分娩ご希望の場合は32週頃までの妊婦管理を行います。

国立循環器病研究センター関西医科大学枚方病院

淀川キリスト教病院済生会千里病院種村ウィメンズクリニック

長良医療センター

他、全国の胎児医療の専門家と提携します。

豊中での里帰り出産も対応しています。

ママのための豆知識:

赤ちゃんのこと、妊婦さん自身のこと

少しずつですが、お話をまとめていきます。

個別のご相談は「お問合せ」のページから

お願いします。

 

 

賢い日本のママの超音波豆知識

 

 

 

リキとハナの物語

院長が綴る、おもしろおかしく、時に切ない飼い犬、シェパードのお話です。

リキとハナの物語

〜千葉産婦人科スタッフブログ〜

2019年

7月

18日

国立循環器病研究センターが新しくなりました!

当院の院長は以前、国立循環器病センター周産期科の部長をしておりました。そのご縁もあって、妊婦管理を行っている患者様に緊急を要したり、合併症がある方、お腹の中の赤ちゃんが重症の心臓病の時は国立循環器病研究センターにお願いしています。どんな時でも必ず受け入れてくれるとても心強い存在です。

この度、国立循環器病センターは20197月よりJR東海道本線岸辺駅に移転されました。当院からは少し遠くなると心配していたのですが、大阪駅から12分、新大阪駅から7分。岸辺駅からは連絡通路で直結していて300mと、とても便利です。装い新たに気持ちの良い病院に生まれ変わっています。

小児科の外来はユニバーサルスタジオジャパンさんの協力の元、スヌーピーの可愛らしいデザインで、プレイルームもあります。

1階の食堂も明るくて気持ちのよい空間になっていました。

重い病気の方が多い病院ですが、少しでも、気持ちが明るくなり、たくさんの方が健康になられる事を願っています。

 

 

 

 

こちらは産婦人科病棟の病室です。

2人部屋は、カーテンで仕切られていて、

それぞれに洗面所があり、快適そうです。

2019年

2月

21日

ママと赤ちゃん、そしてパパのための超音波セミナー

もう、12年以上前になりますが、当院が開業されたころ、東芝メディカル(現Canonメディカル)の共催で市民公開講座を全国で開催していました。院長は、妊婦さんがお産や超音波について詳しくなる事が、産科の発展の1つでもあると考えていたからです。

今やすっかりインターネットが発達し、患者様もたくさんの情報を吸収してこられます。

しかし残念ながら、インターネットには正しい情報、間違っている情報が錯綜しています。あまりインターネットに頼りすぎないよう皆様にはご注意をお願いしたく存じます。

このセミナーは毎回とてもお話上手な先生がわかりやすく超音波や赤ちゃんの病気などについてお話くださっていました。また、是非、このような企画が開催されることを願っています。

「第3回 ママと赤ちゃん、そしてパパのための超音波セミナー」

2019年

7月

18日

国立循環器病研究センターが新しくなりました!

当院の院長は以前、国立循環器病センター周産期科の部長をしておりました。そのご縁もあって、妊婦管理を行っている患者様に緊急を要したり、合併症がある方、お腹の中の赤ちゃんが重症の心臓病の時は国立循環器病研究センターにお願いしています。どんな時でも必ず受け入れてくれるとても心強い存在です。

この度、国立循環器病センターは20197月よりJR東海道本線岸辺駅に移転されました。当院からは少し遠くなると心配していたのですが、大阪駅から12分、新大阪駅から7分。岸辺駅からは連絡通路で直結していて300mと、とても便利です。装い新たに気持ちの良い病院に生まれ変わっています。

小児科の外来はユニバーサルスタジオジャパンさんの協力の元、スヌーピーの可愛らしいデザインで、プレイルームもあります。

1階の食堂も明るくて気持ちのよい空間になっていました。

重い病気の方が多い病院ですが、少しでも、気持ちが明るくなり、たくさんの方が健康になられる事を願っています。

 

 

 

 

こちらは産婦人科病棟の病室です。

2人部屋は、カーテンで仕切られていて、

それぞれに洗面所があり、快適そうです。

2019年

2月

21日

ママと赤ちゃん、そしてパパのための超音波セミナー

もう、12年以上前になりますが、当院が開業されたころ、東芝メディカル(現Canonメディカル)の共催で市民公開講座を全国で開催していました。院長は、妊婦さんがお産や超音波について詳しくなる事が、産科の発展の1つでもあると考えていたからです。

今やすっかりインターネットが発達し、患者様もたくさんの情報を吸収してこられます。

しかし残念ながら、インターネットには正しい情報、間違っている情報が錯綜しています。あまりインターネットに頼りすぎないよう皆様にはご注意をお願いしたく存じます。

このセミナーは毎回とてもお話上手な先生がわかりやすく超音波や赤ちゃんの病気などについてお話くださっていました。また、是非、このような企画が開催されることを願っています。

「第3回 ママと赤ちゃん、そしてパパのための超音波セミナー」

お仕事以外のリンク